都政レポート第6号&第11回意見交換会

 こんにちは、都議会議員の鈴木邦和です。都政レポートの第6号が完成しました!今回の都政レポートは、受動喫煙防止条例の特集号です。6月初旬より武蔵野市内の全戸にポスティングします。

 条例案の骨子が発表されてから1ヶ月、私も地元から厳しい反対の声を頂いてきました。私の選出されている武蔵野市の吉祥寺は、都内有数の商店街を誇る街です。特に、飲食事業者の方々からは「こんな厳しい条例が出来たら売上が落ちて生活が成り立たない」といった切実な訴えが絶えません。

 受動喫煙の規制が飲食業界の売上に悪影響を与えないことは、すでに多くの研究で示されているものの、個別の店舗の売上までは保証できないところがあります。もちろん、政治判断はエビデンスに基づいて行われるべきですが、反対する方々にご理解頂くためには、エビデンスだけでは不十分です。

 こういう時に政治家は、粘り強く対話を続けるしかありません。5月〜6月の地元の総会での機会に加えて、次回6月23日の意見交換会も、テーマを受動喫煙に絞って開催したいと考えています。みなさんのご参加を心よりお待ちしております。

TOPに戻る

通信に失敗しました。少し時間を置いてから再度お試しください。