都政レポート第7号&第12回意見交換会

 こんにちは、都議会議員の鈴木邦和です。都政レポートの第7号が完成しました。7月初旬より武蔵野市内の全戸にポスティング予定です。

 今回の定例会では、受動喫煙防止条例と障害者差別解消条例という2つの重要な条例が成立しました。特に、受動喫煙防止条例は、東京から全国に波及するポテンシャルを十分秘めています。すでに千葉市でも同様の条例が制定される流れです。

・五輪が広げる「禁煙ドミノ」 都周辺も国より厳しく:NIKKEI STYLE

 今回の条例制定にあたって、この問題に弁護士として12年間取り組んできた、都民ファーストの会の岡本議員の功績は大きなものがありました。また、実務を担った福祉保健局はもちろんのこと、エビデンスと共に世論をリードしてきた学識経験者や著名人の方々のご尽力も計り知れません。昨日の都議会本会議での可決は、こうした全ての関係者の長年の想いが結実した瞬間でした。

 受動喫煙防止条例は一区切りですが、東京の未来のために必要な改革は山ほどあります。限りある任期の中で一つ一つ成果を積み重ねて、3年後に東京が変わったと実感して頂けるように、ここからまた一段とギアを上げて仕事に取り組んでいきたいと思います。

TOPに戻る

通信に失敗しました。少し時間を置いてから再度お試しください。