都政レポート第8号&第13回意見交換会

 こんにちは、都議会議員の鈴木邦和です。都政レポート第8号が完成しました!今回は夏らしく水色のデザインで、8月初旬よりまた武蔵野市内の全戸にポスティング予定です。

 昨年より始まった「都民による事業提案制度」は、今年さらに進化しました。私の一般質問における提案も踏まえて頂いて、スマホからの応募がより平易になると共に、大学研究者からの提案枠も新設されています。

 そして、来月の意見交換会では、実際にこの制度を活用して、参加者の方々と一緒に事業を企画するワークショップを行う予定です。ワークショップを通じて見えてきた制度の課題については、来年以降の改善点として、担当局にフィードバックします。

 レポートの裏面では、政府が最近力を入れている「ソサエティ5.0」を取り上げてみました。ソサエティ5.0とは、「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」に続く、人類史上5番目の社会を意味します。IOT・自動運転・AI・ブロックチェーン等が基盤テクノロジーとなる未来社会です。

 テクノロジーは、常に政治や法律に先行してパラダイムを変えていきます。政治家は、既存産業をただ保護するのではなく、次代の技術を見極めて投資や制度設計をしなければなりません。私もその一助となれるように、東京都の実証実験をさらに推進していきたいと考えています。

TOPに戻る

通信に失敗しました。少し時間を置いてから再度お試しください。