都政レポート第11号&第16回意見交換会

 こんにちは、都議会議員の鈴木邦和です。都政レポート第11号が完成しました。11月末より武蔵野市内の全戸にポスティング予定です。

 今回は豊洲市場の特集号です。次回の意見交換会では、豊洲市場にみなさんをご案内して、実際に市場の新しい施設をご覧頂きます。こちらは先着30名ですので、もし興味のある方は是非お早めにお申し込みください!

 裏面では、私が先日の決算委員会で取り上げた市場会計の持続性について解説しています。豊洲市場への移転によるランニングコスト増と、老朽化する他11施設の更新費用として、毎年50億円近い支出が今後新たに発生する可能性を指摘しました。

 中央卸売市場における生鮮食品の取扱金額は、この30年で半減するなどビジネスモデルとして厳しい状況にあります。2020年に適用される改正市場法を見据えて、今後は輸出の促進など新たなビジネスモデルの創出に取り組んで頂くよう提案しました。

 豊洲市場への移転によって、市場移転問題はひと段落しましたが、市場会計については今後もしっかり注視して持続可能な対策を考えていきます。

TOPに戻る

通信に失敗しました。少し時間を置いてから再度お試しください。